小規模企業にピッタリのUTM

クラウド型がおすすめ?

クラウド型がおすすめ?

クラウド型がおすすめ? 中小規模の企業であっても今では、必ずと言っていいほどデジタル機器が業務で必要です。
昨今注目を集めているのはクラウド型と呼ばれるストレージですが、小規模企業向けUTMではアプライアンスがおすすめです。
これは小規模企業向けUTMなら設置場所に限りがあるからであり、さほどスペースをとらない機器の方か効率良く利用できるといえるでしょう。
特に産業工場の場合は事業所に本体を置かないといけないので、アプライアンスサービスの方が合理的といえます。
この小規模企業向けUTMならストレージをレンタルするだけなので、さほどコストも掛からないのが特徴です。
月額5000円程度から借りることができ、100名以下の従業員しかいない企業なら効率よく活用することができます。
特に人事・経理関係の資料は小規模企業向けUTMにデータを預けておく方が管理がしやすく、いつでも税務署に必要な書類とデータを提示することができるのも、魅力ポイントです。

小規模企業向けUTMにより社内ネットワークを保護する方法

小規模企業向けUTMにより社内ネットワークを保護する方法 インターネットの世界は“無法地帯”で、社内ネットワークを構築する際は常に国内外からの不正アクセスやネットワーク攻撃に対するセキュリティ対策が必要になります。
ITについての専門的な知識を持つ人材が在籍している大企業であれば、自社でネットワークを保護する対策をとることが可能です。
中小企業などの小規模企業ではIT関連に詳しい人材がいないケースが多く、自力でネットワークを守ることは困難です。
小規模企業向けUTMを導入すれば、不正アクセスやウイルス・マルウェアによる攻撃や、社内のPCから危険なWebサイトに接続することを防いで社内ネットワークを保護することが可能です。
小規模企業向けUTMのサービスには24時間利用可能なサポートデスクが設けられているので、社内ネットワークに関係する問題が生じた場合でも迅速に対処してもらうことができます。
外部からの脅威から社内ネットワークを守ることに加えて、小規模企業向けUTMにはスパム(迷惑)メールブロックや情報漏えいを防止するための機能を備えているサービスもあります。

新着情報

◎2023/7/27

情報を追加しました。


>セキュリティ強化に向いている小規模企業向けUTMの強み
>小規模企業向けUTMの様々なソリューションの特徴とは
>小規模企業向けUTMを活用してサイバー攻撃の脅威を回避
>小規模企業向けUTMの重要性と情報流出対策の役割
>ビジネスの成長をサポートする小規模企業向けUTM

◎2022/9/15

情報を追加しました。


>小規模企業向けUTMの導入は個人情報保護の観点で非常に効果的
>社内機密情報保護に役立つ小規模企業向けUTMの特徴
>小規模企業向けUTMでネットサーフィン時に端末を守る
>小規模企業向けUTMは不正アクセスやウイルス攻撃からシステムを守る
>小規模企業向けUTMを活用して保守管理を行う

◎2021/11/26

情報を追加しました。

> 小規模企業向けUTMの費用と選ぶポイント
> 小規模企業向けUTMで導入すべき機能とは
> 小規模企業向けUTM導入前に知っておくべきデメリットとは
> 情報をまもるために無料の小規模企業向けUTMから
> 小規模企業向けUTMでアンチスパムを予防しよう

◎2021/6/24

クラウド型がおすすめ?
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

提供できるセキュリティ機能
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「セキュリティ 保護」
に関連するツイート
Twitter

今朝、『重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律案』を閣議決定し、国会に提出する事が出来ました! 一昨年夏から心血を注いできた経済安全保障版セキュリティ・クリアランス制度を創設する為の法律案です。…

G同志会よりお知らせ! LINEグループのQRはセキュリティ保護の為一日一回更新してます DMにて宜しくお願いします

シバイヌコインは分散型のブロックチェーン技術を利用しており、そのセキュリティとプライバシー保護は非常に高い水準です。ブロックチェーンの特性により、取引は透明性がありながらも個人のプライバシーが保護されます。

上野 宣氏が力説する“ペネトレーションテストの意義” 内製する際の注意事項"上野氏によると、エンドポイント保護で重要な取り組みは、ASM(攻撃対象領域管理)だという。ASMはサイバーセキュリティの脅威となり得るIT資産を把握して管理するという継続的な取り組みを意味する"

セキュリティ・クリアランス 資格者のリストや個人情報保護は?漏れたときの対応は? 敵対する企業や国からの「標的型攻撃」による漏洩は、個人と企業の責任なのか? サイバー攻撃を受けたことすらわからない政府がどう?資格者の個人情報を守るのだ? 特に「国会議員」の扱いは? Ω\ζ°)チーン